海鮮かに処でいつもカニを買ってるけど、最高な気分になる観光地とは?

かにの産地はどこか、挙げてみてください。

国内では北海道になるでしょうか。

その理由ははっきりしていて、今のところ、毛蟹がとれるのは北海道以外にありません。

それ以外のかにの産地はどこでしょうか。北海道の他にも、おいしいかにがとれる場所があることでしょう。

ズワイガニでいえば、松葉ガニのブランドで知られるように、鳥取でたくさんとれますよ。

蟹通販で狙い目なのが、ワケアリの蟹。その購入をそれを推しているのにはそれなりの理由があるので、ご説明します。
それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。

普通のお店では、傷物などは店頭に出ていませんが、そのぶん値段も普通通りで、「得した!」という気になることはあまりないと思います。一方、次に紹介する「海鮮かに処」の蟹通販の場合、普通の店頭では売り物にならないようなキズモノでも、訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、確かに蟹の味自体には影響しませんから、考えようによっては大変お得です。
海鮮かに処 口コミ

この時期、ご家族や親戚、お世話になった知人の方などに、お歳暮で美味しい蟹を贈りたい方もいますよね。
ですが、通販で蟹を送る場合、気をつけるべきことがあります。水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。

時間が経つと当然味も落ちることにつながりますし、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。そうしたリスクを回避するには、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。

そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して送ることが、相手に対する思いやりでもあります。

タラバガニ、ズワイガニなど蟹にも色々ありますが、オススメの種類の一つに花咲蟹が挙げられます。

初めて聞いた方もいるでしょうか?根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、味の系統としては高級感があり、通に愛される蟹だといえます。花咲蟹の肉は太いですが、他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、身肉のぎっしり詰まった、大型サイズの蟹としても知られています。

ズワイガニなどよりも一足早く、夏頃から秋にかけて旬を迎えるといわれ、7~9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。かにの産地として有名な地方と言えば北陸を思い浮かべる方も多いでしょう。

冬はかにと温泉と思えば有名な観光地の一つが粟津温泉で、かにを味わった後、温泉に入る楽しみを求めて旅行客は全国からくまなくこの温泉を訪れます。

粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。

かにを求めてこの地を訪れる方は、満足できる旅になるでしょう。